. 病院の診療科目とそれぞれの役割について

病院の事を知る事が病院を上手に利用する手段となります

病院とかかりつけ医の選び方。

Last update:2014/9/18

病院を知る。

病院を探すときに重要になってくる診療科目ですが、どんなものがあるか内科系、外科系などにわけてみました。
また、救急病院、地域医療支援病院や総合病院というのはそれぞれどんな病院のことなのでしょうか。そして病院を知る事によってチャーガンジューで長生きできると思います。
※チャーガンジュー:沖縄の方言でいつまでも元気でと言う意味

また、不吉なお話になりますが万が一に備えて葬儀のことも考えなくてはいけません。誰にでも死は訪れるため、健康な内から葬儀について調べておくことも必要です。葬儀を行うのは埼玉や東京であれば多くの葬儀社があります。事前に確認することも考えておきましょう。

診療科目

内科系

手術をせずに病気全般の診断、治療をしてくれるところです。どの診療科目に診てもらえばいいかわからない、というときには、内科・一般内科を受診すると、必要ならば適切な専門医を紹介されることもあります。具体的な診療科目は、胃腸科、消化器科、呼吸器科、循環器科、放射線科、神経内科、アレルギー科などがあります。

外科系

切り傷、骨折などの外傷や手術に対応しているところです。外科では、手術を主体とした治療をします。他にも、整形外科、リハビリテーション科、リウマチ科、脳神経外科、呼吸器外科、心臓血管外科、麻酔科、放射線科、小児外科、美容外科、形成外科などがあります。

眼科・耳鼻咽喉科系

目・鼻・耳・口腔・のどの不調など、脳以外の鎖骨より上の病気を外科的にも内科的にも治療するところです。眼科では目(眼球、瞼を含む)の病気を扱い、耳鼻咽喉科では、耳、鼻、頭頸部、顔面神経や咽喉頭の病気を扱います。ほか、気管食道科などがあります。

歯科系

歯や歯ぐきを中心に治療、予防をしてくれます。歯科では、歯、歯肉(歯ぐき)の病気を診療します。ほかにも小児歯科、歯科口腔外科、矯正歯科などがあります。

泌尿器・肛門科系

肛門、STD(性感染症)、皮膚、尿路や男性生殖器などを診療します。泌尿器科で、主に尿路及び男性生殖器を扱い、肛門科で肛門に関しての病気を扱っています。ほか、皮膚泌尿器科、性病科があります。

小児科系

小児期(生まれた直後から15歳くらいまで)の子供の病気を診療します。小児科で小児期の病気全般の治療をしていますが、小児科というのは、おおむね小児「内科」の領域の疾患を扱うところです。小児歯科、小児外科などもあります。

産婦人科系

妊娠・出産、年齢に関わらず女性全体を対象にした女性特有の病気全般を診療します。産婦人科は、産科と婦人科を併せたもので、産科の対象である妊娠・出産と、婦人科の対象である女性特有の病気全般を扱っています。産科と婦人科にわかれたところもあります。

皮膚科系

やけどなど皮膚の病気や怪我からにきびなど美容上の症状など、爪、毛髪もその領域に入っており、皮膚及び皮下組織全体の病変を診療するところです。皮膚科は皮膚に生じる病気を扱います。ほかにも美容外科、皮膚泌尿器科などもあります。

精神科系

不眠、ストレス、うつ状態など心の病を扱いますが、身体疾患に伴い生じる心の病気もあれば、ただ心理的なものから脳の病気まで多様な心の病があります。精神科ではストレスや精神機能の障害による心の病を扱います。ほかには神経科、心療内科があります。

救急病院、地域医療支援病院、総合病院とは
救急病院

いわゆる救急病院というのは、「救急告示」の認定を都道府県知事より受けており、24時間救急医療に対応する病院(救急告示病院)、及び診療所(救急告示診療所)のことになります。救急医療は、三つに大別されており、初期救急では、入院を必要としない軽症者を対象として、夜間・休日に発症した病気や怪我の診療が受けられるよう、在宅当番医制(市町村や医師会により開設された、夜間休日急病診療所及び開業医が、当番日に診療するもの)で対応しています。二次救急は、市や郡単位の地域ごとに、夜間・休日に対応できる有床診療所を含む病院が、輪番制で、初期救急の医療機関で手術や入院が必要と判断された救急患者、重症患者に対応します。三次救急では、救命救急センターなどで、心筋梗塞や脳卒中などの生命の危機が差し迫っている重篤患者の救命救急に対応しています。

地域医療支援病院

地域医療支援病院の制度というのは平成10年4月に設けられたものです。医療は、患者により身近な地域で提供がなされるべきだという視点から作られ、かかりつけ医を支援し、地域医療の充実を目指しています。紹介患者を積極的に受け入れること、救急医療を実施すること、施設や設備を共同利用に開放すること…地域の医療関係者を対象に研修を行ったりしています。

総合病院

総合病院は、以前は制度として病床数100床以上があり、内科・外科・耳鼻科・眼科・産婦人科の5科の診療科目を含むなどとされていたものですが、平成10年4月の地域医療支援病院制度の創設に伴い廃止になっています。現在は、総合病院という名称のみが残っている形です。

このほか、医療体制のしっかりした有料老人ホームもあります。

Valuable information

インプラント 戸塚
http://www.sugiyama-dental.com/access/from_totsuka.html

Last update:2015/1/23

Copyright© 医療と健康の選び方。All Rights Reserved.