自分に合った病院の選び方

病院とかかりつけ医の選び方。

最終更新日:2014/9/18

病院の選び方。

いい病院や、いいお医者さんにかかりたいと思っていても、いい病院はどこで、いいお医者さんはどんなお医者さんなのでしょう?
ランキングなどの情報は巷に溢れているようですが、ほかならぬ自分にとって、いい病院、いいお医者さんを探すためには大事なことがあります。自分なりの基準を持つことです。どんな基準について考えたらよいでしょうか。それは人によって本当に様々です、管理人はやはり多少医療費は高かったとしても腕の良いお医者さんや、評判の良いお医者さんを探すようにしています。医療費を払っているのだから、その辺はこだわらないと。

>

説明がわかりやすい

  • やはり自身の健康や生命に関わってくることですので、診察にしても、薬の説明にしても、こちらにわかるように説明してもらわないと困りますよね。医者から薬を処方されたが、何のために飲むのかわからないというよりも、この症状を抑えるために飲むんだと納得して飲むほうが目的意識を持つことができて、飲み忘れも減りそうな気がします。病院の掲示物、手術するときの同意書などは、医学用語が多用されていて読んでも理解しづらいものですが、わかるように説明してもらえると安心できますね。

相談、質問がしやすい

説明がわかりやすい、という部分にも関わりますが、わかるように説明してもらうためには、わからないことをわからないと言える、言いやすい雰囲気が望ましいと思います。医師にとってはわかっていることであるためか、患者側に配慮して意思を尊重し、説明を親切に行い、質問に丁寧に答えているつもりであっても、実は患者側にはそう思われないといった認識のずれもよく見られるようです。

質問に対して、あるいは説明を求めたときに、医師と患者の距離を詰めながら答えを求める患者の不安を察して応対をしてくれる医師なら安心して頼れるでしょう。患者が多く、待ち時間は長いが診療時間は短くてゆっくり相談もできない、という状況もあるようですが、風邪などの軽い病気なら大学病院などの大きな病院でなく、近所のかかりつけ医に行くというのも一つの解決方法だと思います。大学病院に患者が集中すると、待ち時間ばかり長いという悪循環になってしまうのです。

かかりつけ医を持つ
  • かかりつけ医はどうやって探したらいいのでしょうか?ここでは簡単にご説明します。
  • 比較的年齢の高い人たちは、新聞、雑誌、テレビ、ラジオなどのマスメディアから医療の情報収集をすることが多いようですが、若年層ではインターネットで調べることも多いようです。また、友人、家族からの病院の口コミというのも信憑性の高い情報源となっているようです。医師との相性といったものも人それぞれに考えられますので、日ごろから根気よく地域にある病院について、評判などを気に留めておき、実際診療を受けてみて自分との相性を確かめてみるといいでしょう。
  • かかりつけ医を見つけておけば、具合が悪いときにどこの調子が悪いからどの診療科目に診てもらえばいいか、自己判断で間違うことなくアドバイスももらえるでしょう。長く付き合うことで、大切な健康と命を任せる相手として、自分の価値観や人生観を理解してもらえる理想的なかかりつけ医を探しましょう。かかりつけ医の選び方のページでかかりつけ医の選び方を詳しく解説しています。
信頼関係を築く

最初からいい病院、いい医師というのがわからなくとも、診療してもらいながら病院や医師との関係を築き上げていくことも大事です。

質問や相談を通して、どういう医療サービスをしてほしいか自分の声を伝えていきましょう。医学知識や医学用語を勉強して意見を述べるというのではなく、自身の生き方についての希望や、何を重要に考えて治療を施してほしいか、ということを伝えていく努力をし、理解をしてもらうことで信頼を築いていけると思います。ちなみに有料老人ホームとは信頼関係がないとしっかりケアする事ができませんので、似ているかも知れませんね。

おすすめWEBサイト 5選

最終更新日:2017/3/30

Copyright© 医療と健康の選び方。All Rights Reserved.