保健をしっかり理解して賢く利用しましょう

病院とかかりつけ医の選び方。

2014/9/18 更新

保険。

もし、自分や家族の身に病気や怪我が降りかかったとき、一番不安になるのはやはり生活の保障ではないでしょうか。
治療代や入院費の支払いが長期にわたれば、その負担は家計にのしかかってきます。こういったときに備えて、また、公的保険が適用されない医療サービスなどに対して、医療保険や特約付きの生命保険を考えておくといいかもしれません。老人介護の際にはまた違う保健などもありますので、将来に向けて確認をしておく事もオススメします。

生命保険の特約

公共サービスや貯金のほかには、入院費用や治療費の備えとして生命保険を考える人が多いようです。
特約は、主契約以外の主として病気や怪我の際の保障サービスに関して付加されたものです。
たとえば、傷害特約では不慮の事故で、事故から180日以内に1から6級の所定の身体障害になった場合、障害等級ごとに災害保険金の1から10割の障害給付金が受け取れます。
通算すると、災害保険金の10割が限度額となっています。

医療保険

  • 特約は主契約の生命保険に付加するものですが、医療保険は医療保障が主契約になっています。
  • 大体の医療保険には、「入院給付」と「手術給付」、「死亡給付」があります。保険期間を5年や10年、あるいは一生涯などから希望に沿って選択することや、入院支払限度日数を選ぶことなどが可能です。
  • 特約と比べると、入院したときに何日以上から給付金が支給されるのか、入院給付金の支払限度日数、保険期間の設定、何歳くらいまでの保障かなど選択できる範囲が大きく異なってくるようです。なので、医療保険についての詳細は保険会社に確認してみてください。
特定疾病保障保険
特定疾病保障保険とは、死亡原因として高リスクを抱えるがんや脳卒中、心筋梗塞などの病気に備えておくための保険のことです。この保険金は死亡の際ではなく、必要な入院費や治療費の助けになるよう、これら特定の病気と診断された時点で支払われるものになっています。
たとえば、がん保険ではがんと診断されたときに支給されるがん診断給付金、がんで入院した場合に入院日数に応じて支給されるがん入院給付金、がんで所定の手術をした際に手術の種類に応じて支給されるがん手術給付金、がんが原因で死亡した際に支給されるがん死亡保険金、がんが原因で所定の高度障害状態に当てはまるときに支給されるがん高度障害保険金など、いろいろな給付制度が設けられています。
保険金や入院給付金の請求
保険金や入院給付金の請求は、原則としては入院や医療行為が終了した時点でするものです。
保険金や給付金の請求には、保険会社から請求方法の案内をもらって必要書類をよく確認しましょう。

注目サイト

ワイシャツ

2015/2/10 更新

Copyright© 医療と健康の選び方。All Rights Reserved.