病院で視察をする際の流れについて

病院とかかりつけ医の選び方。

Last update:2014/9/18

病院での流れ。

病院に行くときというのは具合が悪くて出かけていきますので、普段より頭が働かないことが多いと思います。言い忘れや聞き忘れがないようにといっても難しいかもしれませんが、病院に行ってからの受付や診察の流れを確認しておき、きちんと心構えを持って臨みましょう。また、病院を利用する頻度が増える老後を過ごすということを考えると今からある程度の流れを把握しておいたほうがいいですね。

受付

病院に着いたら受付で診察券を出します。健康保険証も月ごとに最初の診察のとき、一緒に出します。
診察券が何年も前、といった古いものでも、カルテを探す際などにあった方がいいのである場合は持っていきましょう。初診の際は、健康保険証だけを渡します。予約をしているときはそのことを伝えておきましょう。初診の場合は質問用紙の記入などがあったりします。必要なときは熱を測ったりすることもあります。もしも感染の可能性もある病気かもしれないときや、気分がすぐれないときは受付に申告しておきましょう。

待つ

待合室などで自分の診察の順番を待ちます。この間に受診理由や症状に関しての質問、検温、質問表の記入などを行う場合がほとんどです。診察時に言い忘れがないように、気になる症状について伝えることをまとめておきましょう。
診察
診察室に入ったところから診察が始まっています。できるだけお互いに顔や目を合わせて、医師によく観察してもらいながら患者側も信頼できる医師かを観察することになります。 いよいよ症状を申告し、患部の診察を受け、医師の診断を聞きますが、マナーとして聴診器を当てられているときは絶対に話さない、ほかで処方された薬があれば必ず伝える、医師に向かって咳やくしゃみをしない、診察前の飲食は避ける、などを守りましょう。 わからないことは質問し、検査が必要な場合は説明を受けます。いろいろな検査がありますので、検査を受けるときは係の指示に従いましょう。検査結果が出たら結果の説明があります。そのあとに、必要な処置があれば処置についての説明を受けて処置が施されます。
最後に処置後の様子をたずねられ、処方箋についてなどの説明があるので、もし気になることや質問があれば、ここで聞いておきましょう。
会計

会計をします。必要なときは次回来院の予約をしておきます。

院外処方箋の場合の薬の受け取り
処方箋を持って、病院の外にある薬局に行きます。お薬手帳を一緒に薬局の受付に提出しましょう。薬を飲むのがお子さんの場合には、錠剤が飲めないなど前もって伝えておくといいかもしれません。 薬を受け取るときには、自分の症状に合ったものかや、所定の日数分の個数が入っているかを確認し、飲み方についての説明はきちんと聞いておきましょう。食事との食べ合わせや、ほかに飲んでいる薬がある場合はその飲み合わせなど、また、眠気が出るなどの副作用がないか、飲み忘れた場合はどうしたらいいか、効き目がどのくらいで出てくるのか、といったことも聞いておきます。 坐薬や吸入剤などの取り扱いについてはしっかり説明を聞いておきましょう。
病院の対応に不満があれば
多くの人が快適に利用できる病院にしていくためにも、利用する側の声を病院側に伝えていくのは大切なことになります。あまり感情的にならないように、思ったことを率直に伝えてみましょう。

たとえば、待ち時間が長いときは「お忙しいところ申し訳ありませんが、順番が回ってくるまでどのくらいかかりそうですか?」「一時間以上ずっと待っています。順番が飛ばされているようなことはないでしょうか?」などとたずねてみましょう。対応などスタッフの接客マナーが悪いと思われたときには、「お忙しいのはわかるのですが、・・・・していただけませんか?」といった形で、穏やかに伝えましょう。

Copyright© 医療と健康の選び方。All Rights Reserved.