最終更新日:2014/9/18

診療科目を理解してどの科にいくのかを把握する

病院とかかりつけ医の選び方。

診療科目一覧

病院なんてあまり行き慣れてる場所では無いですし、行き慣れるなんてこともできればなりたくはありませんね。体のどこか怪我をした場合には、どこで診てもらえばいいのかわからないなんてことはよくあることです。こちらでは、病院の様々な診療科目についてご紹介していこうと思いますが、病院にはこれだけじゃなく、様々な診療科目が存在します。自分が怪我をした場合にはどの診療科目が担当してくれるのか迷うこともあるでしょう。こちらでどんな診療科目があるのか参考にしてみてください。老後のことを考えたらかかりつけ医も考えないといけませんね。あなたは老後のことを考えたことがありますか?

整形外科

整形外科では、人間の体を構成している骨や関節、筋肉といったものを診療します。人間が動く、活動するのに使用している組織といったものですね。
整形という言葉から、目や鼻を整形して綺麗に変身させる所だと思った方はいますか?恥ずかしながら、私もその一人でした。しかし、その「整形」は整形外科ではなく、美容外科という診療科目になっています。美容のための外科ということですね。
整形外科と美容外科を勘違いする人も割と少なくないと思いますので、気を付けておきましょう。

形成外科

形成外科は、先ほど紹介した整形外科と名前がかなり似ているため、どっちがどっちの診療科目かこんがらがってしまうかもしれません。
形成外科では、生まれつき体の形が異常に変形していたり、生まれた後でも傷を負って体が変形してしまう場合に、できるだけ健康な元の形に戻すようにする所です。顔面を骨折したりした場合などでは、傷をただ手当てするだけでなく、元の顔の形を保つようにするために形成外科が担当するようです。
脳神経外科
脳という言葉がありますが、脳神経外科では人間の体にとっても極めて大事な組織である、脳、神経、脊髄や脊椎などの組織を損傷した場合などに担当します。
耳鼻咽頭科
その名前にある通り、耳鼻咽頭科では耳、鼻、口やのどの治療を担当するところです。扁桃炎や、私も患っているアレルギー性鼻炎などについて担当しています。
呼吸器科
人間が呼吸するときに活動している体の組織である、気管や気管支、肺を中心として担当しているところです。こちらは内科の中の一つとなっています。

pickup

天然石やパワーストーンの卸販売
http://www.purestone.jp/
Copyright© 医療と健康の選び方。All Rights Reserved.